トップページ > 貴金属加工・開発

貴金属加工・開発

弊社の板材・キャストについて ― 品質における当社の自信 ―

貴金属装飾品(指輪、ネックレス等)の素材で、溶解精錬工程をへて製造される、高品質合金とこれをもとに製造される線材、板材、シームレスパイプ、キャスト材、各種ロウ材・割ガネ等の一次加工を主業務としています。また(社)日本地金流通協会の正会員としての金、銀、白金地金の販売を行っています。

ページトップへ戻る

新素材開発 HQCの開発販売 ― 商品開発も常に進化 ―

新素材HQC(高品質キャスト材)は、Pt、Au、Agをそろへ、腕割れ、ゴマ巣等を解消したキャスト材料として好評をえてお蔭様でキャスト材料のうちの5割以上をお使い頂いています。
また、共同開発においても、原料から製品まで一貫製造だからこそ、お客様のご希望に沿う共同開発もお受けいたします。もちろん、創業40年以上の信頼のもとお客様の機密情報は、責任を持って管理致します。

ページトップへ戻る

複合素材 ダイヤゴールド ― 森銀唯一の技術 ―

サンプルイメージ

平成14年、三菱マテリアルから技術導入・製造開始したダイヤゴールドは18金の白、赤、黄色など3色の組み合わせによる複合材料であるため機械加工も可能であり、デザインの自由度および幅広い商品化の実現が可能となり、今までになかった新感覚の装飾品を製造することが出来ます。色の組み合わせ等各種のものが製造可能です。
ニシキは、ジュエリーや時計の文字盤などに使用する場合、画一的な模様ではないので、唯一無二な模様として使用でき、お客様より大変喜ばれております。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネス用HTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.